「あんたって友達いないんだねえ」ってニヤニヤして嬉しそうに言われた。確かに今確実にひとりいなくなった。

引用元 : 友達をやめる時 inOpen 2
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1423358744/


915: 名無しさん@おーぷん 2016/01/17(日)22:55:05 ID:kKX
「あんたって友達いないんだねえ」ってニヤニヤして嬉しそうに言われた。
『確かに今確実にひとりいなくなった』と思って即日友やめ。何年も前の高校時代の話。

中学の頃、Aはグループからハブられていた。
クラスの皆は彼女の体育のときの動きや、普段の言動をうるさいとか言って敬遠するようになった。
その頃の私は、こんな雰囲気イクナイ!と変な義務感にかられてた。いい人ぶりっこだったんだと思う。
自分が友人といるときにAに話しかけて一緒に会話するような流れを作ったり、
誰かと遊ぶときにAも加えたりして、徐々にまたクラスに馴染むようになった。
(バレンタインデーの友チョコが彼女の分だけ既製品だったり、悪口は裏で言われてはいたけど)
 

ところで私は口下手で、一緒にいても面白味のない人間だ。
Aはハブられる前は私のことを下に見ていて、ハブられ最中はそういった態度をみせることはなかったけれど、
彼女の場所が安定してくると馬鹿にしてくるようになった。
Aと別のクラスメイトが2人で遊びにいく、となるとやたら「お前は誘われなかったんだろww」的な言動を繰り返したり、
私の書いたメモを床に捨てたり。私より優位に立つのが楽しかったみたい。
卒業まで耐えた。
高校も同じで、クラスは別だったけど会うたび優越感じみた態度が本当嫌いだった。

なんであんないいひとぶったまねしてたのかなーと今なら思う。
Aと一緒にいるとき他のクラスメイトから色々言われたり、
私が友達と遊びに行くことになるとAがいやな顔をするから気をつかってしまって楽しくなかった。
こう書くと、かばってやったぜ感がおしつけがましくて恥ずかしいな。

喫茶店で本を読んでいたら、Aと同じ苗字(珍しい)の人の悪口大会が聞こえてきたのでAを思い出した。
会話の人がAなのかどうかは、どうでもいい。
友やめ(元々友達じゃなかったんだと思う)を決断した、あの気持ち悪いニヤニヤ顔が浮かんできてモヤモヤしたので吐き捨て。