神経わからんの記事一覧

20代の私と付き合ってたつもりでいたアラフォー平社員のおっさん。「私子は俺と付き合ってるという自覚が足らなさすぎる。」

引用元 : その神経がわからん!その49
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1551689073/


717: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/12(金)21:27:31 ID:8tv.wr.ia
知らない間に20代の私と付き合ってたつもりでいたアラフォー平社員のおっさんがスレタイ

男性社員ばかりの製造系の会社に勤めてる。女性は私以外だと40代以降のパートさんしかいないような部署
「夜寂しいだろう」とか「会社に男漁りに来てる」とかわかりやすいセクハラ発言を繰り返して
私を守ろうとしてくれた男性社員は、既婚であろうと部長であろうと「あいつと寝たから優しい素振りをしているんだろう」って公言
私が誰かの車に乗せてもらったら「不倫がバレたらどうなるんだろうな!」とか気持ち悪い笑顔で言ってくる
行動が度を過ぎてきて上司からの注意も無意味だったからとうとう本社に報告した

続きを読む

私は異例の速さで出世した。それも先輩方を差し置いての出世で周囲には嫌われたが、上の人たちは仕事の成果を見てくれて期待されてるんだろうと思っていた。しかし酒の席で本当の出世の理由がわかった。

※2019.04.16 追記

引用元 : その神経がわからん!その49
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1551689073/


724: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/13(土)04:26:36 ID:ndB.st.lf
私は異例の速さで出世した
それも先輩方を差し置いての出世
先輩や同期にはメチャクチャ嫌われた
上の人たちは仕事の成果を見てくれて、期待されてるんだろうと思って、イジメられても身を削ってでも働いた
だけど酒の席で、本当の出世の理由がわかった

続きを読む

彼女との結婚を控えていたある日、腰が曲がり、80は過ぎているだろうと思われる女性から「あそこの娘は部落出身である、結婚は辞めたほうがいい」と言われた。

引用元 : その神経がわからん!その49
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1551689073/


671: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/11(木)18:53:56 ID:0gg.tp.p7
何書きの方で部落差別の話が出てたけど、俺も結婚の話でそれ関連の神経わからない事があった

まず俺は宮城の被災地に元々住んでた
そこでは部落って言葉は普通に使われてたし、そこに差別の意味合いなんて微塵も無かった
311があったあと家も職場も流されて、俺も命からがら逃げ延び、当時付き合ってた京都の彼女の実家に保護された 彼女も東北大を卒業後、実家に帰って就活するということだったので
俺も地元に戻ること無く、彼女の親の支援で一年かけて生活を立て直し、奈良のURで家を借りて、京都で就職した
それから彼女にプロポーズして、結婚の流れになった

続きを読む

プロポーズされたんで彼の実家へ挨拶に行ったら彼父から「息子との結婚は認めない!さっさと出てけ!」とお茶ひっかけられて追い出された。

引用元 : その神経がわからん!その49
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1551689073/


585: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/08(月)10:09:16 ID:Jjo.gb.12
プロポーズされたんで彼の実家へ挨拶に行ったら彼父から「息子との結婚は認めない!さっさと出てけ!」とお茶ひっかけられて追い出された。
彼は謝ってくれたけど、他人からお茶をひっかけられるという初の体験にショックで同棲してるマンションではなく実家へ帰った。

続きを読む

時給750円のバイト先で「責任感がない」と言われたので辞めてきた。でもあんなクソ職場に愛着持って働いてる人たちがいる。馬鹿みたい。

引用元 : その神経がわからん!その49
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1551689073/


558: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/07(日)18:32:15 ID:egv.vr.yt
学生の頃すぐに辞めたバイト、会社自体もなんだけれどそこで働いてた人たちが一番神経わからん

私は「基本平日が終わったあとの夕方から、土日は隔週、他店の応援は無理」って条件で採用されたんだけれど、
「平日昼間他店に入って(学校あるしその店舗はバスで1時間以上かかるって言ってんだろ)」
「土日毎週出て(祖母の介護の手伝いあるって言ってんだろ)」
「(シフト提出したら)用事がある?祖母の妹なんて赤の他人よりこっち優先するものだよ普通は」
あげく呼び出されて
「断ってばっかり我を通してばかりで責任感がない、
もっと店とその売上に対して責任を持ってほしい、
売上が減る=現場の働き不足という意識がたりない、会社に損害を与えてるんだよ
責任感があったらシフトを交代してほしい、休みたいとか言えないはず、給料を貰ってるんだから真面目に仕事してほしい」
と言われたので研修終わる前に辞めますって伝えた

なんかお得意の「責任感がー」とか言われたけれど
「そんな重大な責任のある仕事を時給750円では私には荷が重いですー責任感ないのでー」
って何を言われても返して押し通した

続きを読む

高校でいじめられた子が報復に出たんだけど、方法が胸糞悪かった。彼は間違ってる。

引用元 : その神経がわからん!その49
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1551689073/


554: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/07(日)17:43:14 ID:KeF.rn.am
高校のいじめ問題の解決が胸糞悪かった。
結論先に言うといじめる方が悪いって前提だけどいじめられた子の神経も分からん。

続きを読む

義兄が自分の嫁(40代前半)をじーっと見て「お前は婆さん寄りだなー」と笑ったせいで姉が激怒。

引用元 : その神経がわからん!その49
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1551689073/


453: 名無しさん@おーぷん 平成31年 03/30(土)11:46:04 ID:YkZ.zz.jo
実家に姉が子供をつれて帰ってきた
帰省とかでなしに、別居だそう
少し遠くなったけど自転車に乗れば通えるとかで、甥たちは4月からは実家から通うらしい
別居の原因は義兄の冗談
元々無神経でお調子者だった義兄が姉を馬鹿にして、堪忍袋の緒が切れた姉が里帰りといった感じ

続きを読む

還暦近いバカ兄が、「俺には好きな女がいたのに! 親父とお袋に好きでもない女を押しつけられたんだ!」と言い出した。後ろで兄嫁が憤怒のあまり顔を真っ赤にしてるよ。

引用元 : その神経がわからん!その49
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1551689073/


546: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/07(日)07:40:32 ID:m4b.zq.xl
還暦近いバカ兄が、母の遺産相続の時にぬかしたバカセリフ。

「俺には好きな女がいたのに! 親父とお袋に好きでもない女を押しつけられたんだ!
今まで30年間、嫌で嫌でたまらなかった! これは虐待だ!
だから俺が財産を全部もらう権利がある!」

続きを読む

彼と結婚の約束をした時「婚約指輪はこの世にひとつしかない素晴らしい指輪を用意してる」と言われてたんだが、もらったのは彼の母親のお古だった。ミニサイズのジップロックみたいなのに入れて渡された・・・。

引用元 : 百年の恋も冷めた瞬間 Open 5年目
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1464173695/


166: 名無しさん@おーぷん 2016/06/19(日)22:03:52 ID:3AF
もう5年ぐらい前になるけど、当時の彼と結婚の約束をした時
婚約指輪について「この世にひとつしかない素晴らしい指輪を用意してる」と言われてたんだが
その後渡された指輪は少し歪みのある金の指輪で、石はトパーズ。
明らかに誰かが長年使っていたようなもので、傷でもあるのか殆ど輝きがなかった。

続きを読む

夫婦揃ってお酒好きなので家を建てた時に地下室を本格的なバーにし、夫婦以外は入らせないとルールを決めた。夫が私のいないタイミングで無断で会社の同期達を連れて来やがった。見るも無惨な光景だった。

引用元 : その神経がわからん!その49
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1551689073/


514: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/05(金)11:52:01 ID:wjL.a2.7y
あームカつく!!
我が家は夫婦揃ってお酒好きって事で家を建てた時に地下室まるまるを結構本格的なバーにしたの。
ここはあくまでもプライベートな空間のつもりで作ったから夫婦以外は入らせないってルールを決めてた。
我が子ですらもう少し大きくなるまではと連れて入った事もなかったのに、夫が私のいないタイミングで無断で会社の同期達を連れて来やがった。

続きを読む